TOKYO BALLSH 空想都構想

0

HOME

本企画の趣旨は極めて明確でいて、一方で広範に捉えられるゆえ掴むことは難しい。

明らかなのはただ一つ、
「都市」を「滅亡」させ、
「ヒト」のいない「世界」を「歩き」たいという感情だけ。

個々の都市の滅亡はその人だけのメソッドに従うだろう。
僕の私の滅びは、僕だけ、私だけの滅び。
しかしゆえにそれは目を引くだろう。それに引き寄せられるだろう。

始まりの言葉は終わりの言葉。
終わりの始まりは単純でいて、終わりがたどる道筋は千差万別。
荒唐無稽で空前絶後で徹頭徹尾古今無類の崩壊賛歌。

終わりに閉塞ではなく解放を、始まりを感じ取ることが出来たなら、
その時この企画は成功したといえるのだろう。

それでは、皆の解放譚を集めよう。何も終わりはしないのだから。